Art Labo TOKYOArt Labo AKB
instagram ameba youtube
Art Lab TOKYO
HOME > EXHIBITION > DETAIL

菅間圭子展 Keiko Kamma new installation 'Abandoned Desire Fetishism'   5/15(tues) - 5/27 (sun)

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

菅間圭子
「放置 欲望 フェティシズム」
 Keiko Kamma new installation
'Abandoned Desire Fetishism'

 

video + photo + painting + sound
たとえば放置された医療器具とペインティング
 
5/15(tues) - 5/27 (sun)
15:00-20:00
closed on 5/21(mon)
reception party 5/19(sat) 17:00
  
医療機関内で育った作家が自らの原点に戻り古い医療器具と共に写真 “レディーメード・フェノメナ” シリーズや絵画、映像で構成するインスタレーション。

The artist who grew up in a medical institution returns to her own origin and presents her new installation consisting of old medical equipment,  photo, paintings and video.
 
この放置と物神性に根差したフェティシズムは“現場”と“複写”と“アート”という場において何重もの入れ子を成しながら、記憶と経験則あるいは感性によって作家自身が「放置 欲望 フェティシズム」と呼ぶインスタレーションという“純粋な場”に帰結することになるのである。
― 水野英彦(美術評論家) ※テキスト本文 後述
 
------------------------------------------------------------------------------- 
■菅間圭子 Keiko Kamma
インスタレーション、パフォーマンスを主軸にした作業を展開。ヨーロッパ、アフリカ、カナダ、アメリカ、日本等のアート/パフォーマンスフェスティバルに多数参加。
その作品の中にはしばしば放置状況が提示され、互いに関連性のない物品、テキスト、音や映像は観客の内なる思考を映す鏡として機能すると同時に、それぞれの断片は新たな詩的連関を生み出している。
《プロフィール詳細は後述》

Kamma has developed her artistic expression mainly through installation and performance and has participated in many art and performance festivals held in Europe, Canada, US, Africa and Japan. In her works, a consistent state of “abandonment” is exhibited. Here the exhibited objects, including goods, texts, sounds and images appear seemingly unrelated to each other, yet function as a form of mirror reflecting the audience’s internal thought, creating a new poetic association between each fragment through the consciousness of the audience.
《Please scroll for the details》
 

Keiko KAMMA Art works(English only)
https://ameblo.jp/project-kamma



-------------------------------------------------------------------------------
菅間圭子における「放置 欲望 フェティシズム」

水野英彦(美術評論家)
 

菅間圭子が、「放置 欲望 フェティシズム」と題し、写真・絵画・インスタレーション・映像を展開する。もともと医療の現場という環境で育ってきた菅間が実家の病院の倉庫にあった医療器具を使用してインスタレーションを構築するという。

菅間は1995年初めて絵画を全面的に捨て本格的なインスタレーション(《Click/Crack ‘95》 銀座小野画廊)を行った。その時はいわゆる「散らかし系」のインスタレーションで、互いに脈絡のないものや廃棄物などを、《’Ready-Made’ Phenomena》シリーズの写真映像とともにランダムに並べた。並べたというよりも“投げ出した”― つまり展示プロセスにおいても、ある種の「放置」概念を介在させていたわけだ。

今でこそこの手の“散らかし系”のインスタレーションは珍しくないが、当時は(少なくとも、日本では)まだあまり目にすることがないものだった。

今回の展示はこうしたインスタレーション手法を再採用し、いわば作家の原点を再検証してみようといった自己言及的な側面を帯びたものになる。

こうしたことを含んだうえで、今回菅間が設定した命題「放置 欲望 フェティシズム」に言及しつつ個展の内容を解説したいと思う。この場合、「放置」と「フェティシズム」は前出の菅間写真作品《’Ready-Made’ Phenomena》シリーズ、もしくは菅間のインスタレーションを説明することである程度理解できよう。

「主に街角に放置されている(モノの)状況にしばしば完全なる構図とか色の美しさとかを感じてしまい、それらは人為的に意図され制作された「美術」ではないにも関わらず非常に魅力的なものに思えてシャッターを切り始めたところからスタートしています。私の中では人為的に制作された絵画・彫刻などよりはるかにダイナミズムを持った美しい光景としてそこに展開しているわけです。」(菅間圭子)

《’Ready-Made’ Phenomena》シリーズは、あらかじめ街角などに存在するものの景色に無垢なアートを発見する試みであり、作家は放置された実在のイメージをカメラ機能によって採取していたわけだ。そして初の本格的インスタレーションである1995年の《Click/Crack ‘95》では、実際のゴミ(のようなもの)を無造作に展示空間に投げ入れた。

「おそらく私は、それぞれのゴミ(のようなもの)を「美しい」と感じており、モノによるある種の生け花のような作業であったと分析しています。そういった思いを、物神性―フェティシズムと私は呼んでいるわけです。」(菅間圭子)

そこにモノによる《詩の発生》を見出だしたともいう。そこにはまた、「放置」と物神性 ― つまりフェティシズムが色濃くあった。

菅間は後に、この自らの“散らかし系”インスタレーションの一部を、ダダの「音響詩―sound poetry」になぞらえて、「物品詩―material poetry」と命名してもいる。

今回は、その原点に立ち返り、“生け花”的作業としてインスタレーションを展開しようとしている。その際の素材の多くが、菅間の家庭環境の中に、時に彼女の制作とともにあった、「我が家の医療器具」となるわけである。

用いられる材料は物神性を帯びた医療器具、“視る変態性”に裏打ちされた写真シリーズ、絵画、映像などで構成されることになる。

ところで、菅間圭子はこの“放置”と“物神性=フェティシズム”を接着するものとして“欲望”をとらえているのだが、ここでいう欲望とはフロイト流のそれではなく、意味生成の底まで降下していった初源的、自律神経的(ホメオスタシス的)欲望であって、この場合、悟性の対極にある感性によって動かされているものと考えたい。その感性の中には記憶や感情が微妙に絡んでいるだろう。菅間圭子はこの点に関してメモ書きを準備していたのでそれを記す。

「その① まず幼少期より医療の現場、患者さんの生き死に、人の死にざま、生命の不思議などを垣間見る機会が多かったことが、私の人生観に大きな影響を与えたこと。」
「その② 父が救急外科医であったことから、これらの医療器具は私にとって見慣れたものであり、父が入院をとらなくなってから元病室をアトリエに使わせてもらうようになったことで、私の実際の制作現場にはこういった医療器具が普通に転がっており、たとえば点滴スタンドにクリップライトをかけるなど、一部は実際に私自身使っていたりして、こういうものの中で制作するということが、自然だったこと。」
「その③ さらに、このアトリエを使い始めた90年代初頭は、ちょうど「絵画」を捨て、現代美術の方向に私自身が舵を切り始めた頃で、その頃のワークや試行錯誤のノートなどと20数年を経てあらためて対面したこと。当時の思考のいくつかが今後の制作において今なお有効であるということを再発見したこと。つまり10年以上「放置」していた思考に向き合ってみたということもできます。」

そしてこの放置と物神性に根差したフェティシズムは“現場”と“複写”と“アート”という場において何重もの入れ子を成しながら、記憶と経験則あるいは感性によって作家自身が「放置 欲望 フェティシズム」と呼ぶインスタレーションという“純粋な場”に帰結することになるのである。



‘Abandoned Desire Fetishism’ by Keiko Kamma 
 
Hidehiko Mizuno,  Art Critic  
 
Keiko Kamma is showing photos, paintings installation and moving images, under the title of ‘Abandoned Desire Fetishism’. Keiko Kamma who grew up in a doctor’s family environment is employing the medical equipment from the warehouse at her home and building installation using them.
 
In 1995 she once abandoned paintings that she had involved in for a long time totally and created her first installation (Click/crack ’95 at Ono Gallery Ginza).  On that occasion, she randomly lay-outed various wastes having no relationship to each other, with exhibiting the photo series, ‘Ready-made’ Phenomena.  It was actually ‘throw-out’ rather than juxtaposition. In other words, even in this process of exhibiting, she strategically interposed a kind of the concept of ‘abandonment.
 
‘Mainly in the situation of neglected objects on the streets, I often find perfect compositions and beauty of color and started to take pictures of them. There was actually beautiful scenery filled with natural dynamism more than paintings and sculptures created on purpose.  These works bore a fruit as e photo series, (‘Ready-made’ Phenomena) then it became an origin of consequential installation works.’ (Keiko Kamma)
In the series of ‘Ready-made’ Phenomena, she was trying to find pure art in objects exist on the street or common places in advance and she collected the actual images of neglected objects by camera function and in her first full scale installation, (Click/crack ’95 1995), she randomly scattered actual waste (or something like real) on the exhibiting space.
 ‘I probably felt waste (or something like real) was actually beautiful. I analyze this exhibiting was something like Ikebana, Japanese flower-arrangement consisted of garbage and wastes in hindsight. (Keiko Kamma)
In this exhibition, she returns to her starting point of installation, and developed installation as the process of creation, similar to ’Ikebana’ philosophy. She is employing stuff collected from her home as homey medical tools, which have sometimes played as important roles in her art creation and constructing installation using other stuff, photos, paintings and moving images as well.
 
She considers ‘desire’ as binder between ‘abandoned’ and ‘fetishism’, but here, ‘desire’ is not suggesting Freudian interpretation but implying the prototype or homeostasis, which will be found on the bottom level of semantic generation and it would be better to think that it is activated by the power of ’Sensitivity’ which is at the opposite end of ’Understanding’.  We may see her ’Sensitivity’ is closely and intricately related to her specific experience of watching patients’ lives and death, dying scenes and wonders of life since a small child as a daughter of the town doctor.
On-the-site of Depublication and Art, ’Fetishism’ which is rooted in neglect is forming a multi layered nested container and will return to the place of pureness, which the artist is claiming ‘Abandoned Desire Fetishism’ by the power of memory and empirical rule or ’Sensitivity’.


-------------------------------------------------------------------------------

【菅間圭子 Keiko KAMMA  profile】 English follows

成蹊大学文学部文化学科卒業。比較文化を学ぶ。1980年代終わりに画家としてスタートし、1989年日仏現代美術展で、安田火災美術財団賞やフランスの美術雑誌「ロイユ」のロイユ賞などを受賞するが、1990年代初めにコンセプチュアルな写真による ‘Ready-Made’ Phenomenaシリーズによって現代美術の方向へ転換。このシリーズは、欧米やアジア・アフリカなどの街頭で抽象表現主義的な、あるいは現代美術的な画像をクローズアップにより切り取り、「あらかじめ脳内に存在するアート」を見出すもので、「アートは制作しなくてもそこに現象としてすでにある」といったテーマは菅間作品の根幹をなす問題となった。以後インスタレーションやパフォーマンスを主軸にした作業を展開。作品の中でしばしばある種の「放置」状況を提示。互いに関連性の見出せない物品や言葉・音・映像等による展示物は、観客の内なる観念を映し出す一種の鏡のように機能し、観客の意識を通してそれぞれの断片の連なりが新たな詩的連関を生み出すことをもくろんでいる。菅間はこの作業を“material poetry”と自ら造語し命名している。

1997年以降、フランス、イタリア、カナダ、アメリカ、カメルーン、日本等のアート/パフォーマンスフェスティバルに多数参加。

■主な個展・グループ展・参加プロジェクト等
「The Niagara Tale」(個展。Fusion Arts Museum/ニューヨーク 2006年)、日英プロジェクト「月―The Moon」(高台寺/京都 2008年)、フィリピン人アーティストDada Docotとのコラボレーション「Non/Appearance」(インターネットによってマニラと銀座のギャラリーを結んだ展覧会。銀座芸術研究所/東京 2009年)、平城遷都1300年祭公式招待展示「時空-Between time and space」(平城宮跡/奈良 2010年)、 “Água de Beber”(パフォーマンス作品。新・港村/「ヨコハマトリエンナーレ2011」特別提携プログラム。国際ビデオ・パフォーマンスフェスティバル「InterAzioni XXIV」/イタリア・サルデーニャ島 2011年)、「‘Ready-Made’ Phenomena」(個展。アートラボ・トーキョー/東京 2012年)「The Invisible Realms/不可視の領分」(個展。Fukushimaの原発事故に言及したインスタレーション。アートラボ・トーキョー/東京 2013年)、RAVY Festival 2014参加(カメルーンのアート・パフォーマンス・フェスティバル。ヤウンデ市内数か所。2014年)、「Artnexus-BLUE PLATFORM Exhibition」(渋谷ヒカリエ/東京2014年),「アンディ・ウォーホル・インスパイアー展」(伊藤忠青山アートスクエア/東京 2014年)、「JUXTAPOSITION 並列」(地場賢太郎との2人展。アートラボ・トーキョー/東京 2016年)、「Living Life」(Gallery Zeinxeno /韓国・ソウル 2017年)、「Mustanglers」(渋谷ヒカリエ8/ cube1.2.3/東京 2017年)など。
■アートフェア:「アートフェア東京」(2015、2016年)。「CITIZEN ART SHANGHAI 」(上海 2012年)他。
■作品収蔵:IF Museum (Pennsylvania, US)
 
Keiko KAMMA  profile
Kamma studied comparative culture, graduating from the literature department of Seikei University, Tokyo. She started her career as a painter in the late 80’s and was awarded the Yasuda Kasai Art Foundation Prize as well as the L’Œil prize from L’Œil French art magazine. She moved over to contemporary art in the early 90’s by presenting a conceptual photograph series of ‘Ready-Made’ Phenomena, in which she captures on the streets of Europe, Africa, and Asia ARTISTIC and ART-LIKE phenomena that recall to her abstract expression or contemporary art, using a ‘CUT-UP’ photograph technique, to present “art that already existing within the mind”. The subject matter of “art existing as a phenomenon without the need of creation” has formed the foundation of her art work since then. She has developed her artistic expression mainly through installation and performance and has participated in many art and performance festivals held in France, Italy, Canada, USA , Africa and Japan since 1997. 
In her works, a consistent state of “abandonment” is exhibited. Here the exhibited objects, including goods, texts, sounds and images appear seemingly unrelated to each other, yet function as a form of mirror reflecting the audience’s internal thought, creating a new poetic association between each fragment through the consciousness of the audience. This work is exhibited as an installation, yet Kamma refers to its form as ‘material poetry’.
 
■Selected Exhibitions
“Tsuki - The Moon” (UK-Japan Project, Kodai-ji temple, Kyoto, 2008), “Non/Appearance” (Dada Docot / Philippines + Keiko Kamma. The exhibition presented the collaborative video by the two artists between Manila and Tokyo through the internet. Ginza Art Lab. Tokyo, 2009), The UK-Japan project, “Between time and space” (Commemorative Exhibition of the 1300th Anniversary of Nara Heijo-kyo Capital, Heijo Palace Site, Nara, 2010), “Agua de Beber” (performance. Shinko Pier Exhibition Hall / Yokohama Triennale : special associated program, “Inter Azioni XXIV” / Festival Internazionale di Perfomance Arts, Videoarte e Installazioni, Sardegna, Italy, 2011), “’Ready-Made’ Phenomena” (solo. Art Lab. TOKYO, Tokyo, 2012), “The Invisible Realms” (solo, Art Lab. AKIBA, Tokyo, 2013), RAVY Festival 2014(Yaunde, Cameroon), "Artnexus-BLUE PLATFORM Exhibition"(Hikarie, Shibuya, Tokyo,2014), ANDY WARHOL INSPIRED EXHIBITION (ITOCHU AOYAMA ART SQUARE, Tokyo, 2014), “JUXTAPOSITION” (kentaro Chiba+Keiko Kamma, Art Lab TOKYO, 2016), “Living Life”(Gallery Zeinxeno, Seoul, 2017), “Mustanglers”(Hikarie Shibuya 8/cube1,2,3 Tokyo, 2017 )
■Art Fair: “CITIZEN ART SHANGHAI”(Shanghai, 2012) “Art Fair Tokyo”(2015, 2016)
■Collection: IF Museum (Pennsylvania, US)