Art Labo TOKYOArt Labo AKB
instagram ameba youtube
Art Lab TOKYO
HOME > EXHIBITION > DETAIL

Uni Aoi あおいうに個展「わたしは撮った⇔撮られた~アイドルなんかなりたくない~」2021/8/31~9/12

イメージ画像

アイドルなんかなりたくない。
通常版 3,000 円
特別版 20,000 円

2021
特別版は本へ直接ドローイング

イメージ画像


イメージ画像

おっぱいペインティング8  
2021
キャンバスに乳房を用いてアクリル

F50(910×1167 mm) テレビ朝日「ノブナカなんなん」企画にて製作

イメージ画像

ポン
2021
キャンバスにアクリル
F15
(652×530mm)

 あおいうに個展
「わたしは撮った⇔撮られた~アイドルなんかなりたくない~」

2021年8月31日(火)~9月12日(日)
15:00~20:00 最終日~18:00
9月6日(月)休廊

あおいうにがアイドル写真集に擬態した「アイドルなんかなりたくない。」をエディション形式のマルティプル作品として発表いたします。
また、いままでの「おっぱいペインティング」をすべて展示するほか、近作の絵画、大型ターポリン作品、写真にドローイングした作などを展示いたします。このところの、あおいうに総集編の趣です。

展示作品はこちらで購入できます。
https://artlabtokyo

以下はあおいうにのステートメント。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アイドルなんかなりたくない。

あおいうに

 アイドルとは、不特定多数の人間の“業“を背負うことだ。被写体になったり自撮りをしたりする。承認欲求を満たしたいからだ。
しかし、崇拝されたり搾取されるのが怖いのでアイドルには断じてなりたくない。
「カワイイ」で消費されることによる激しい違和感を覚えるのだ。
写真の奥にいる「河野麻実」という一人の人格を尊重している人はいるのか甚だ疑問である。
金髪の丸刈りにしてピアスを何十個も開けようかと、何度思ったことか。
見た目が変わったって、私は私である。
そんなことで評価を変える人間は私の上っ面しか見ていない。
しかし、「女」という記号として消費・搾取されることには、利益もあるのが事実。
「女」ではなく、「アーティスト」として見てほしいのは確かだ。
でも、容姿もセットで売り出したほうがなにかと楽なのではないか。
「ギャラリーストーカー」や「あおいうにを女として見る層」すら利用したいと思いつつ、それは卑怯なんじゃないかという葛藤もある。
自撮りをあげれば男性からのいいねが大量につく。
作品画像よりも多くつくことすらあるが、これは私だけではなく女性アーティスト全体に言えることで、それを武器にして所謂ギャラリーストーカーに媚びる作家さえ存在する。
容姿を売り物にして、作品を買ってもらおうというのだ。
媚びれば作品は売れるだろう、しかしそれは「作品が評価されている」と本当に言えるだろうか。
「カワイイ」や「女」という記号で消費・搾取されることに彼女たちは違和感をおぼえないのだろうか。
私がどうしても感じてしまう葛藤を、彼女たちはさも存在しないかのように平然とやってのける。
承認欲求と自我とのせめぎあい。
この写真集および展示は「アーティスト・あおいうに」による、現代アート業界におけるジェンダー社会・ホモソーシャルへの挑戦状だ。
私は一生「アーティスト」でありたいと願い続けるだろう。

想いが届きますように。
 

アーティスト略歴はアーティストページをご参照くださいませ。
https://artlab-tokyo.com/artists/detail.html?part=part4&id=20180515184443


【お客様へのお願い】

 ◯新型コロナウィルスが流行しております。お客様ご自身の体調と相談して無理のないようお越しください。

◯ご来廊の際はマスクを着用の上、入口にございます消毒液をご利用になり 感染拡大防止にご協力をお願い申し上げます。

◯ご鑑賞の際は、他の方と十分な距離を保つようお願い申し上げます。