Art Labo TOKYOArt Labo AKB
instagram ameba youtube
Art Lab TOKYO
HOME > EXHIBITION > DETAIL

チャリス・ミッシェル展 Chalice Mitchell Solo Show "Immanence" 1, June~ 10. June

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

チャリス・ミッシェル展 
Chalice Mitchell  Solo Show "Immanenceー内在するもの"  
6月1日(金)~10日(日)
1, June~ 10. June
15:00~20:00

月・火休廊
オープニングレセプション 6月1日(金)午後6時より
 

米国マサチューセッツ州に生まれたチャリス・ミッシェルは英国、カナダと移り住み4年間熊本県天草に住んで制作に励みました。
 

天草はこのほどキリシタン遺構として世界遺産登録に向かっておりますが、チャリスが隠れキリシタンゆかりの地にやってきたのは、キリスト教の異文化での発展を研究することからです。
 

この研究内容にはクリスチャンのLGBTの問題、あるいは男性視線・女性視線の問題も含まれています。
 

もともと父親が牧師だったためにキリスト教的イメージのなかで幼少期を送りましたので、異質な土地でのキリシタン動向に興味があったのです。
 

セイント・セバスチャンのイメージの作家独自解釈による油彩画を中心にした個展。なお、ミッシェルはこの展示後米国に帰還します。

 

English follows

内在するもの
Chalice Mitchellによるアーティストステートメント

天草で4年間暮らした後、風景が私の作品にどのように影響しているかを考え続けてきました。日本に住んでいるアメリカ人としての経験は、絵の色の選択と空間的バランスに影響を与えました。私は2つの文化の間を行き来し、社会化と内省を通じてハイブリッドなアイデンティティを作り出したのです。天草には山と海が混ざり合っている魔法のような光景が展開しています。それは他のエリアから遠く隔たった秘密の世界のようにも感じられ、かつてクリスチャンが隠れてこの地で繁栄したのも不思議ではありません。
 
私の父は牧師ですので、物心ついた頃からずっとキリスト教のイメージに囲まれていましたが、天草に住むことで、私は再度、非常に異なった状況でキリスト教の歴史にふれました。今、ここの宗教的伝統の中に身を置くことで、自分の子供時代からの感覚からはある程度の距離を置いて、私は新鮮な驚きの感覚でそれらを見ることができます。このような観点から、キリスト教のイメージは信じられないほどエロティックに見えます。特にサン・セバスチャンのイメージは、悪名高い「男性視線」のパラダイムを覆す傾向があります。日本人の三島由紀夫は、特にグイド・レニの聖人の描写に触発されました。しかし、キリストは官能的なイメージの中心人物です。女性の芸術家として私がここで為していることは、権力の逆転であり、男性の視線を逆さまにするだけでなく、神聖な、地上の階層も変えることなのす。
 
私は西洋美術の歴史に根ざしたアーティストですが、同時に日本の水墨画の影響を強く受けました。対極の要素は、禅の哲学を伝えるために文字通り織り込まれています。これは空と全空間の関係に見られます。人物と背景、雲と山、墨と紙、身体と心。私はイメージを視覚的に未完成の状態にとどめ、視覚的にも哲学的にも対極の要素間のつながりを作り出して、色のないフィールドに分解します。肉体は内在性に満ちた精神的な力に没頭しています。 

チャリス・ミッシェル
国内外の展覧会にて作品を発表。米国マサューセッツ州生まれ。マイン州、バーモント州および英国で育つ。アメリカ、カナダ、日本に住み、制作。2003年にリングリング美術大学にてBFAを、2013年に南フロリダ大学にてMFAを取得。現在熊本県天草在住。
 
 
IMMANENCE
Paintings by Chalice Mitchell
Artist statement
 
              After four years in Amakusa, I have been reflecting on how the landscape has shaped my artwork. My experience as an American living in Japan influenced the color choices and spatial balance in the paintings. I hover between two cultures, and create a hybrid identity through socialization and introspection. There is something magical about the way the mountains and ocean intertwine here. It feels like a secret world, removed from the rest of the country. No wonder Christianity hid and thrived here.
 
              My father is an Episcopalian minister so I was inundated with Christian imagery as far back as I can remember.  Living in Amakusa, I was reintroduced to Christian history in a very different context. Now, with a degree of distance from my childhood in this religious tradition, I can look on with a fresh sense of amazement. From this perspective, Christian imagery looks incredibly erotic and devious. Images of Saint Sebastian in particular have a tendency to subvert the paradigm of the notorious “male-gaze”. The Japanese author Yukio Mishima was especially inspired by Guido Reni’s portrayal of the saint. However, Christ is the central figure in the sensual imagery. As a female artist, this is an inversion of power, not only turning the male-gaze upside down, but also the hierarchy of the divine and earthly.
 
              Grounded in the history of western art, I have been deeply influenced by ink and brush painting from Japan. Opposite elements are literally interwoven to convey the underlying Zen philosophy. This is seen in the relationship of empty and full space; figure and background, clouds and mountains, ink and paper, body and mind. I let the image remain in a visually unfinished state, breaking off into a field of color or unprimed canvas, creating a connection between opposite elements visually and philosophically. The physical is immersed with the spiritual, full of immanence.
 
 ARTISTS BIO
 
Chalice is a nationally and internationally exhibiting artist. Born in western Massachusetts, she was raised in Maine, the UK, and Vermont and has lived and worked in America, Canada, and Japan. In 2003, Chalice received a BFA from Ringling School of Art and Design and in 2013, an MFA from the University of South Florida. She now lives in Amakusa, Kumamoto.