Art Labo TOKYOArt Labo AKB
instagram ameba youtube
Art Lab TOKYO
HOME > EXHIBITION > DETAIL

Kevin Jones Backlash  2019 8.6(tue)~8.17(sat)

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

English follows
 
Kevin Jones
Backlash  反発
2019 8.6(火)~8.17(土)
15:00~20:00(最終日~18:00) 
reception party  10日(土)17:00~
 
Backlashバックラッシュ(反発)              
ケビン・ジョーンズ
 
このバックラッシュ(反発)で展示されている作品に、皆さんはアメリカ政府機関と関連のするビジュアル・アイデエンティティ・システム(視覚イメージ統一システム)を解体調査によって、私のタイプ(書体)とイメージ(図像)の関係についての継続的な探求を見ることができるでしょう。作品はまた気候変動、国境コントロール、そして政府支出に関しての最近の理論にも光をあてています。私はビンテージタイプのプラモデルキット用の洒落たレイアウトのデカールシート(転写用シールシート)に魅せられ、刺激を受けていますが、ロゴとグラフィックイメージを並列させながら、巨大サイズのコラージュを制作していますが、触手、蛸、絶滅危惧種、原油樽などのイメージを使い、様々な大企業や、政治への批評、批判をして来た過去の歴史的政治風刺漫画へ言及をしています。
 
 
フェイクニュースの時代に
 
ケビン・ジョーンズは社会と社会システムをフィールドワークして、時にはイロニカルな見解を用いて制作する芸術家である。
今回は、米国の政府機関を調査して絶滅危惧種の動物の部分をコラージュして米国企業や政府を風刺している。
芸術のモチベーションに関し20世紀心理学のある成果を汲むとすれば、まずフロイトの超自我・自我・エスの関係があり、ラカンの三界、すなわち想像界・現実界・象徴界の問題に当たるだろう。
芸術行為とは想像界に位置するのだが、ケビン・ジョーンズの作品には象徴界と現実界も濃厚に含んでおり、その知的営みの要素にはデュシャン以来のシニカルな視点があり、デュシャンのいうアンフラマンスの側面も有している。
「下の、下方の」という意味の接頭辞「infra-」と、「薄い」という意味の形容詞「mince」を組み合わせたデュシャンの造語で、「極薄」「超薄」などと訳される形容詞だが、極薄の境界とは、想像界や象徴界、現実界のあわいに静かに横たわっているものだという。これはラカンのいうところの「対象a」とも類似している領域だが、ケヴィンの作品にもそうした要素を垣間見ることができる。
また、ブーアスティンが米国の広告業界を主題とし「幻影の時代」をしたためたのはだいぶ以前だが、SNS環境におけるフェイクニュースの氾濫など今日の超情報化時代にあっては「境界」はあいまいなままで宙づりにされているため芸術家はそれに抵抗して真実と信じるものを抽出しなければならないのだろう。
森下泰輔(現代美術家/美術評論家)
 
 
 
Kevin Jones
Backlash 
2019 8.6(tue)~8.17(sat)
15:00~20:00(Last day~18:00) 
reception party  10日(sat)17:00~
 
]
Statement: Kevin Jones
 
"The work exhibited in Backlash continues my investigations into type and image relationships by dissecting visual identity systems related to US government agencies. These works highlight current discourse into climate change, border control, and government spending. Inspired by vintage plastic model kit decal sheets and their elegant layouts, I have created large scale collages that juxtapose logos with graphic imagery.  By using tentacles, octopi, extinct animals, and oil barrels,the work references historical political cartoons that critiqued various corporations and political systems."
 
 
 
In the era of fake news
 
Kevin Jones is the artist who continues his fieldwork on social and social system and sometimes strategically employs an ironical point view in his art.
In Backlash, this exhibition, based on his investigation into US government agencies, colloguing parts of endangered species, he satirizes US government and various corporate giants in U.S.A. 
 
If we would seek  the most fruitful result of the psychology in the 20 century,  first of all, the concepts of ‘ego’, ‘super-ego’ and ‘id’  suggested by  Sigmund Freud would be listed then  we would  encounter the issues of ‘The Symbolic’, ‘The Imaginary’ and ‘The Real’ advocated by Jacques Lacan.
 
Art activity is basically standing on the Imaginary; however, in the territory of Kevin Jones’s art we can sense the signs of ‘The Symbolic’ and ‘The Real’ as well. 
His intellectual activities always from the cynical point of vie which Marcel Duchamp established and we will see the aspect of ‘inframince’ which is a new word, Marcel Duchamp coined by combining ‘infra’ meaning ‘under’ or ‘lower’ as a prefix and ‘mince’ meaning ‘thin’, as an adjective’ in Jones’ art.  As a result, ‘inframince’ suggests the concept of super thin or thinnest as an adjective. The super thin border is said to be calmly lying in the neutral area between ‘The Symbolic’, ‘The Imaginary’ and ‘The Real’.
This idea is implying something in common with the concept of ‘Object petit a’ by Jacques Lacan and we will see the same idea in Kevin Jones’s art works.
 
It is a long time ago when Daniel Joseph Boorstin wrote ‘The Image: A Guide to Pseudo-events in America’ 1962.  In this present, the issue of ‘border’ still has been left neglected as we see various fake news is prevailing. In order to pursuit and charge these facts, artists should extract the truths and reveal them on the public with strong beliefs.
 
Taisuke Morishita (Artist. Art Critique)