Art Labo TOKYOArt Labo AKB
instagram ameba youtube
Art Lab TOKYO
HOME > EXHIBITION > DETAIL

Kentaro Chiba Solo Exhibition 2020/12/03~12/12

イメージ画像

 
地場賢太郎個展
宙に舞う紙片・飛ぶチラシ・螺旋綴じの本
2020年12月3日-12月12日 15:00-20:00 (※12日-18:00 )          
7(土) 休廊 

 三つのシリーズで構成された展覧会である。‘Books: Spiral Bound’,は本年9月藤沢市のGallery-Tで開催された個展で展示したスケッチブックのシリーズで、今回はこれまで未発表だった飛ぶチラシ‘Flying Flyers’と宙に舞う紙片‘Fragments in the air’の他2シリーズも併せて展示する。
 ‘Fragments in the air’、宙に舞う紙片はdoodling、まさに仕事中の手遊びであり、私の教師時代、何か別の作業中、例えば退屈な会議、文章を捻っている合間、時には昼食時に描かれたものもある。今回は2005年から2008年に描かれたものに焦点を当てるが、35年の勤続期間中描き続け集めた総数はかなりのものになる。このdoodlingは、当時の私にとっては短い創作時間さえ持つことが難しかったアーティストとしての最後の砦であった。2011年に退職してからは自由時間が増えたので、doodlingの必要性を感じなくなったが、見方を変えるとそれは切迫した表現の動機を失ってしまったということになる。つまり2011年以降、創作行為は全て意識的に目的化され制御されることになったが、それは私が最も大切にして来た無意識の要素の多くを失ってしまったということになり、却って表現の自由度、幅を狭めてしまったのかも知れない。
 
 ‘Flying Flyers’シリーズは雑誌やチラシ等の印刷物に筆で描きたしたり、引っ掻いたり、色を加えた作品群である。私はデザイナーや、写真家の作った印刷物から強いインスピレーションを受けると思わず手を加え、そこに耽溺したくなってしまうのである。この作業は私にとって、無意識のドローイングのバリエーションの一つであり、 ‘Flying Flyers’の代替としてもこの数年来重要なものになってきている。
 
 スケッチブックのシリーズ、‘Books: Spiral Bound’、螺旋綴じの本も以上2シリーズと同様な態度で制作しており、どれだけ偶然性を作品に取り組み、新しいものを作ろうかと腐心しているのかを実際に検証していただければ幸いである。私にとって制作とは、最初に自分の外側にあるものを導き入れ、次にその自分ではないものと共同で作業を行うことであると考えている。
 
 つまり、私にとってアートとは創作というよりも召喚である。
(地場賢太郎)



Kentaro Chiba Solo Exhibition
‘Fragments in the air’, ‘Flying Flyers’ and ‘Books: Spiral Bound’.
December 3 - December 12 2020
15:00-20:00 (12th -18:00)
 Closed on 7th
 
In this exhibition, I am showing three different series. The first is  ‘Books: Spiral Bound’, which was shown in my previous solo exhibition at Gallery-T in Fujisawa September 2020. The second is ‘Flying Flyers’ and the last is ‘Fragments in the air’. ‘Flying Flyers’ and ‘Fragments in the air’ will be exhibited for the first time.
 
‘Fragments in the air’, consists of drawings, which are nothing but doodles  drawn while  doing something different, e.g. suffering through  boring meetings, writing  texts  and during lunch time in the days when I taught at school. In this show, I am focusing on doodles from 2005  to 2008, but there is a large 35’ year stock of drawings in this style. I would like to note that this automatism drawing style was my only and last resort to survive as an artist. In those busy days at school, it was sometimes  hard to find even a short time to do art. Since my retirement in 2011,  I have plenty of time to create and no need to doodle. However,  from a different point of view, it is a fact that I am missing  the most crucial and essential creative moments. In other words, all activities related to art have suddenly become the objectives under conscious control. I feel I am losing subconscious elements, a very important aspect of my art,  and it is narrowing my freedom of expression.
 
‘Flying Flyers’, is an on-going project, where  I am drawing, scratching  and painting on magazines or flyers. I am adding something to printed images freely so that  I think I will be able to  be absorbed into these  images from publications by designers and photographers. I think it is a different version of subconscious style  drawing and has become important as an alternative to ‘Fragments in the air’  these past years.
 
Regarding the series of sketchbook,‘Books: Spiral Bound’, my attitude is the same as other two series. Here, you will see how I am struggling to introduce chance and make new works. In the process of my art,  it is necessary to  invite something from outside of me then I will be able to incorporate those new elements.
 
 For me, art is an act of summoning rather than creating.